LINEが続かない人は、これを意識して無限にLINEを続けよう!

スポンサードリンク
発信者
発信者

仮メンタリストえるYouTube登録者37万人総再生回数は3000万再生を誇る恋愛のスペシャリスト。会社役員をしている傍ら、YouTubeでも成功を収めた。

LINEのやりとりって、話題尽きてしまったり、
続けることが難しいと感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は、誰でも簡単に出来るLINEを続けるテクニック
YouTubeで登録者37万人を誇る、仮メンタリストえるさんが語ってくれました。

LINEが続かない原因は質問にある

【LINE】無限に会話が続く返し方の基本中の基本

基本的にLINEをするときには質問をすることが大切です。
なぜなら、質問に答えるのはとても簡単だから。

質問に答えるときは、その内容に関して、
自分の頭の中の答えを探してそのまま答えるだけでいいのでとても簡単なんです!

よくLINEの返信がないからといって、
「脈なし」なのかなぁ?と不安になっている人が多いんですが、そんなことはありません。

ほとんどの場合で、
相手が返信しにくいLINEを送っていることが原因です。

LINEが続かない人は次のテクニックを駆使しよう!

具体的なテクニックを3つご紹介します。

どのテクニックも心理学に裏付けされたテクニックなので、
相手からの返信が返ってきやすくなる、良いテクニックばかりですよ!

①フォローアップクエスチョン

これは簡単に言うと、
「相手の言うことをオウム返し+質問しよう!」というテクニックです。

相手が言うことをそのままオウム返しすることで、
ちゃんと話を聞いている=相手のことを理解していることの証明になります。

そしてその内容を中心に質問を展開することで、
話題が相手中心になり、答えやすい質問が出てきやすくなるというものです!

実際にコミュニケーションにおいても、オウム返しすることは効果的とされています。

いくらLINEとはいえ、
立派なコミュニケーションなので効果があるのも納得ですね!

②オープンクエスチョン

これは簡単に言うと、
「Yes Noで答えられる内容以外の質問しよう!」というテクニックです。

Yes Noで答えられる内容で質問をしてしまうと、会話がそこで終わってしまいます。

例えば、
「水族館楽しかった?」という質問をすると、
答え方は「楽しかった」「楽しくなかった」しかないですよね。

そうなると、LINEの内容も淡泊になってしまいます。

「水族館楽しかった?」という聞き方ではなく、
「水族館で何を見たの?」などの、答え方にバリエーションがある質問をしましょう!

③エスカレーティング

これは簡単に言うと、
「相手の答えてきた質問を深堀りしよう!」というテクニックです。

よく恋愛に慣れてない人やコミュニケーションが苦手な人は、
質問を次々と繰り返してしまい、インタビューになってしまうことが多くみられます。

LINEの目的は相手との心の距離を近づけることなので、
インタビューではなく、会話をすることが大切です。

一つの話題で質問を投げかけたら、その話題を徹底的に深堀りする。

その話題で語りつくすことがなくなったら、次の話題に移る。
それぐらいの心構えでやることが大切といえるでしょう!

話題の深掘りなんて難しいなぁ・・・

そんな人も多いと思います。でも、大丈夫!
質問は「5W1H」これを意識するだけで、問題ありません!

「いつ、どこで、だれが、だれと、なぜ、なにをした」

これを次々に投げかけるだけで、良いLINEのやりとりができるようになりますよ!

LINEが続かない人も、意識すれば絶対に良くなります!

LINEが続かない人が使えるテクニックを3つお伝えしました。

①フォローアップクエスチョン
 オウム返し+質問
②オープンクエスチョン
 Yes No以外の質問
③フォローアップクエスチョン
 5W1Hを活用した質問

どれも簡単に使えるテクニックばかりですが、
すぐにでもLINEで実践できる、実用的なテクニックばかりでした!

LINEが続かないからといって諦めるのではなく、
これらのテクニックを使って、気になる相手との仲を深めていきましょう!

このサイトでは、ほかにも恋愛で使えるテクニックをたくさんご紹介しています。
内容をすべて理解して、モテモテになりましょう!

※そもそも相手が見つからない人のご要望にお応えして、
恋愛YouTuberがオススメしていたマッチングサービスをまとめました

今まさに相手を探している方はぜひご覧ください♪